live chatHACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

Oracle 1z0-1072日本語問題集

1z0-1072日本語

試験コード:1Z0-1072-JPN

試験名称:Oracle Cloud Infrastructure 2019 Architect Associate (1z0-1072日本語版)

バージョン:V15.25

最近更新時間:2021-07-20

問題と解答:205 Q&As

1z0-1072日本語 無料でデモをダウンロード:

PDF版 Demo ソフト版 Demo オンライン版 Demo

追加した商品:"PDF版"
価格:¥6999 
ヒント:1z0-1072日本語問題集をご購入になったら英語版問題集をおまけにさしあげます。

無料問題集1z0-1072日本語 資格取得

質問 1:
Oracle Cloud Infrastructure Compute Serviceについて正しい説明はどれですか? (2つ選択してください。)
A. Oracle Cloud Infrastructure Compute Serviceでベアメタルサーバーを起動できません。
B. コンピューティングインスタンス以外の可用性ドメインにブロックボリュームをアタッチできます。
C. 同じLaunchInstance APIを使用して、仮想インスタンスまたはベアメタルインスタンスを起動できます。
D. テナンシーおよびリージョン間でカスタムイメージを共有できます。
正解:C,D
解説: (Pass4Test メンバーにのみ表示されます)

質問 2:
Oracle Cloud Infrastructureの仮想クラウドネットワーク(VCN)にパブリックサブネットとインターネットゲートウェイを作成しました。パブリックサブネットには、関連するルートテーブルとセキュリティリストがあります。ただし、複数のコンピューティングインスタンスを作成した後、パブリックサブネットでは、インターネットに到達できません。
接続問題の考えられる理由はどれですか?
A. パブリックサブネットに関連付けられたセキュリティリストにステートフルな進入ルールがありません。
B. インターネットへの通信フローを有効にするには、NATゲートウェイが必要です。
C. パブリックサブネットに関連付けられたセキュリティリストにステートフル下りルールがありません。
D. VCNに関連付けられた動的ルーティングゲートウェイ(DRG)はありません。
E. ルートテーブルには、インターネットゲートウェイにトラフィックをルーティングするためのデフォルトルートがありません。
正解:C,E

質問 3:
2つの基幹業務(LOB)アプリケーション用にそれぞれ1つの仮想クラウドネットワーク(VCN)を作成する必要があります。 LOB AとLOB Bは相互に通信する必要があります。 VCNピアリングを確実に利用できるようにするには、どのネットワークCIDR範囲を使用する必要がありますか?
A. VCN A(10.0.0.0/16)およびVCN B(10.0.16.0/24)
B. VCN A(10.0.0.0/16)およびVCN B(10.1.0.0/16)
C. VCN A(10.0.2.0/16)およびVCN B(10.0.2.0/25)
D. VCN A(172.16.0.0/24)およびVCN B(172.16.0.0/28)
正解:B
解説: (Pass4Test メンバーにのみ表示されます)

質問 4:
Oracle Cloud Infrastructure(OCI)に高可用性のインターネット向け2層Webアプリケーションをデプロイする場合、どの設計オプションを使用しますか?
A. すべてのWebサーバーを複数の可用性ドメインに配置し、パブリックロードバランサーの背後に配置します。また、Data Guardが有効になっている2つの可用性ドメインに2つのシングルノードOCIデータベースシステムを配置します。
B. すべてのWebサーバーを複数の可用性ドメインに配置し、プライベートロードバランサーの背後に配置し、Data Guardが有効になっている2つの可用性ドメインに2つのシングルノードOCIデータベースシステムを配置します。
C. すべてのWebサーバーを1つの可用性ドメインに展開し、単一ノードのOCIデータベースシステムを別の可用性ドメインに展開します。
D. すべてのWebサーバーを1つの可用性ドメインに配置し、パブリックロードバランサーの背後に配置します。また、Data Guardを有効にして、同じ可用性ドメインに2つのシングルノードOCIデータベースシステムを配置します。
正解:A

質問 5:
あなたの会社はいくつかのアプリケーションをOracle Cloudに移行することを決定し、高可用性(HA)と災害復旧(DR)の両方のためにそれを設計するように求められました。
Oracle Cloud Infrastructureアーキテクチャを設計する際に考慮すべき2つはどれですか? (2つ選択してください。)
A. 可用性ドメイン
B. 地域
C. インスタンス形状
D. コンパートメント
正解:A,B
解説: (Pass4Test メンバーにのみ表示されます)

質問 6:
ファイルストレージサービス(FSS)を使用する2つのWebサーバー間に共有ファイルシステムがあり、共有ファイルシステムに配置されたデータを保護するために、この環境のバックアップ計画を作成する必要がありました。
FSS機能を使用してこのバックアップを作成するための推奨アプローチは何ですか?
A. バックアップポリシーを実装して、データを共有ボリュームからオブジェクトストレージにコピーします。
B. rsyncツールを使用して、共有ボリュームからブートボリュームディスクにデータを送信します。
C. 共有ボリュームのスナップショットを実行するバックアップポリシーを実装します。
D. rsyncツールを使用して、共有ボリュームからブロックボリュームにデータを送信します。
E. 共有ボリューム内のデータを圧縮し、ブートボリュームディスク上の別のフォルダーにコピーします。
正解:C

一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供します。

弊社の商品をご購入になったことがあるお客様に一年間の無料更新サービスを提供いたします。弊社は毎日問題集が更新されたかどうかを確認しますから、もし更新されたら、弊社は直ちに最新版の1z0-1072日本語問題集をお客様のメールアドレスに送信いたします。ですから、試験に関連する情報が変わったら、あなたがすぐに知ることができます。弊社はお客様がいつでも最新版のOracle 1z0-1072日本語学習教材を持っていることを保証します。

弊社は無料でOracle Cloud Solutions Infrastructure試験のDEMOを提供します。

Pass4Testの試験問題集はPDF版とソフト版があります。PDF版の1z0-1072日本語問題集は印刷されることができ、ソフト版の1z0-1072日本語問題集はどのパソコンでも使われることもできます。両方の問題集のデモを無料で提供し、ご購入の前に問題集をよく理解することができます。

簡単で便利な購入方法ご購入を完了するためにわずか2つのステップが必要です。弊社は最速のスピードでお客様のメールボックスに製品をお送りします。あなたはただ電子メールの添付ファイルをダウンロードする必要があります。

領収書について:社名入りの領収書が必要な場合には、メールで社名に記入して頂き送信してください。弊社はPDF版の領収書を提供いたします。

Pass4Test問題集を選ぶ理由は何でしょうか?
 品質保証Pass4Testは試験内容に応じて作り上げられて、正確に試験の内容を捉え、最新の97%のカバー率の問題集を提供することができます。
 一年間の無料アップデートPass4Testは一年間で無料更新サービスを提供することができ、認定試験の合格に大変役に立ちます。もし試験内容が変われば、早速お客様にお知らせします。そして、もし更新版がれば、お客様にお送りいたします。
 全額返金お客様に試験資料を提供してあげ、勉強時間は短くても、合格できることを保証いたします。不合格になる場合は、全額返金することを保証いたします。(全額返金)
 ご購入の前の試用Pass4Testは無料でサンプルを提供することができます。無料サンプルのご利用によってで、もっと自信を持って認定試験に合格することができます。
1z0-1072日本語 関連試験
1Z0-1084-20 - Oracle Cloud Infrastructure Developer 2020 Associate
1Z0-997-JPN - Oracle Cloud Infrastructure 2019 Architect Professional (1z0-997日本語版)
1Z0-1085-20 - Oracle Cloud Infrastructure Foundations 2020 Associate
1Z0-997-20 - Oracle Cloud Infrastructure 2020 Architect Professional
1Z0-1072-20 - Oracle Cloud Infrastructure 2020 Architect Associate
関連する認定
OCJ-WC
OCSAs
Mobile Application Framework
Oracle Solaris Cluster
Oracle Applications
人気のベンダー
Apple
Avaya
CheckPoint
CIW
CompTIA
FileMaker
Lotus
Lpi
OMG
SNIA
Symantec
VMware
XML Master
Zend-Technologies
The Open Group
H3C
すべてのベンダー